ピンぼけ写真

原則は三脚を立てなければならない。
特に花の写真は、近づけば近づくほど、呼吸が乱れて手が震える。

行き当たりばったりだから、普段はほとんど三脚を使っていない。
前に買ったゴリラポッドなら荷物にならないしバッグに入れていけばそれで済むのに。

撮るぞ!と気合を入れなきゃいい写真が撮れないのでしょう。
いつもついで、間に合わせ。
ま、自己満足に甘んじている限り成長するはずはないよね。

d0197317_186362.jpg


d0197317_1863530.jpg

[PR]

by remolin | 2013-07-10 18:06 | 自然・風景 | Comments(2)

Commented by 織音 at 2013-07-15 11:55 x
今の時期のマクロ撮影は、呼吸を止めてシャッターを押したりするので、息苦しくて汗びっしょりになりますね。

ところで、カメラのピント合わせをマニュアルにして、自分の体を前後に動かして連写すると、何度もやってるうちに一枚ぐらいは狙った位置にピントバッチリの写真を撮ることができますよ。
つまり自分の体を一脚がわりにする訳です。
Commented by remolin at 2013-07-17 11:36 x
織音さん
ありがとうございます。

今まで連写の機能を使っていませんでした。
子供や動物など動きの素早いものを写す時に使うものだと思っておりました。

さっそくやってみますね。
それをアップできるように頑張ります。